• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • English
学内手続き

HOME > 研究領域 > 小児看護学

小児看護学
- Child Health Care Nursing

基本情報

学域名 小児看護学
Child Health Care Nursing
代表者 平谷 優子
教授

平谷 優子
- Yuko Hiratani
連絡先 TEL:06-6645-3541
MAIL:hiratani.yuko@nurs.osaka-cu.ac.jp
ホームページ 作成していません
概要  小児医療の現場では、治療技術の向上や医療体制の整備に伴い、重度の健康障害をもつこどもの救命率が向上しました。その一方で、健康問題の長期化、重複化が進み、医療を継続しなければ健康を維持できないこどもは増加しており、加えて、入院日数の短縮化に伴い、医療依存度が高いこどもが地域で生活することが重視されていることから、施設看護だけではなく、地域で生活しているこどもを含めて、様々な環境において、予防期・急性期・慢性期・ターミナル期小児看護を提供できる必要があります。
 現在は、成育医療の考え方が浸透しており、出生前から成人を含めたひとと家族を小児看護の対象とする考え方が一般化しているため、様々な発達段階やその年齢区分にあるひと、そして、ひとを取り巻く家族や環境への深い理解と関心、その時期に特有の健康問題、疾患、治療、看護に対する幅広い知識、そして、コミュニケーションやフィジカルアセスメント、治療や教育・指導に伴う小児看護技術を習得する必要があります。実際の臨地の現場では、断片的な知識や技術の蓄積だけでは不十分であるため、知識と技術の応用による判断力、問題解決能力、小児看護の創造力が必要です。
 人生の基盤となるこども期に関わることの重要性を理解し、医療人として、一人のひととして成長し、看護を必要としているひと、多様な人生を生きているひとを理解する努力、ひとが抱える苦悩を受け止める強さややさしさ、看護観、倫理観を培い、勇気に基づき積極的にひとのために行動できる力、ひとのために奉仕できる高い志をもち、看護に携わることが重要です。小児看護学研究室では、このような力を身につけることができるように、教員・学生が互いに切磋琢磨し、成果をつかみ、地域社会に還元し続けます。

教育方針

学部教育

  • 小児看護学の対象であるこどもは成長・発達の途上にあります。小児看護学を理解するには、こどもの成長・発達を正しく理解することが必須です。
  • また、こどもは健康・不健康を問わず年齢相応の世話が必要です。この世話が広い意味での小児看護に相当します。
  • 小児看護学分野の学部教育においては、こどもの特性を理解した上で、こどもの健康の回復・維持・促進や成長・発達の促進を目的とした支援を実践する能力を養うとともに、小児看護学の専門性と役割について、講義・演習・実習を通して教授します。

大学院教育

  • 看護教育は看護基礎教育のみでは不十分です。資格取得後も、臨地や大学院などの場で学習を継続し、経験を積み重ねながら専門性を高め、生涯にわたり看護学を探求する必要があります。すなわち、継続教育が必須です。
  • 大阪市立大学では、学部から大学院修士課程、そして大学院博士課程までの一貫した教育体制が整っています。
  • 大学院においては、専門性の高い小児看護・家族看護を実践できる看護職者、社会のニーズに応じた創造的な小児看護学・家族看護学研究を達成できる教育者・研究者を育成します。

研究指導

  • 看護の大学の在り方で最も大事なことは、単に眼前の医療の需要に応えるだけではなく、真に国民要求を見つめて追及していく視点であり、研究への関心を看護実践の改善・向上に結びつける力、看護実践を改革していく能力であることが文部科学省により指摘されています。
  • 小児看護学分野の卒業研究や大学院生の研究指導においては、これを念頭におき、学生の自主性を重んじ、学生が自らの力で看護研究の目的を達成し、こどもと家族のウェルビーイング(単なる健康ではなく幸福を含意した概念)に貢献できるように支援します。

研究について

概要

  • 地域で生活する医療依存度が高い子どもが増加したことに伴い、小児看護学を提供する場は施設看護から地域・在宅に拡大しています。
  • 現代は、外来の時代とも言われており、入院する子どもの約27倍もの子どもが外来を訪れます。このような時代の流れとともに、研究においても、病院に入院している子どもを対象とするだけではなく、様々な場で、様々な健康レベルの子どもと家族を対象とした研究により、今の時代に合ったケアシステムの開発が求められています。
  • 小児看護学研究室では、こどもをもつ家族を対象とした継続的で発展的な研究を段階的に行っています。 そして、研究から得られた新たな知見を、看護実践や教育に結びつけ、社会に還元することを基本理念としています。

主な研究内容

  • 病院に入院しているこどもとその家族を対象とした研究
概要  入院中のこどものいる家族の家族機能を明らかにして家族支援策を構築する研究やこどものケアに関するエビデンスを創造する研究を行っています。家族は相互に影響を及ぼします。また、家族と環境も相互に影響を及ぼします。したがって、研究対象はこどもだけではなく家族全体、そして家族を取り巻く環境であると考えています。また、研究成果は小児看護学実践に帰着することが望ましいと考えています。研究成果を臨地で活用するための具体的な方法を導くことを目標としています。
  • 在宅ケアが必要なこどもとその家族を対象とした研究
概要  地域で生活する医療依存度の高いこどもが増加していることに伴い、このようなこどもとその家族のウェルビーイングを実現するための研究は社会からのニーズが高いと言えます。
 特別支援学校に通うこどものいる家族の家族機能を明らかにしてこどもを含む家族の家族支援策を構築する研究や、在宅ケアが必要なこどもの医療的ケアに関するエビデンスを創造する研究、小児訪問看護活動に関する研究など、現在、そして将来の小児看護学の発展に役立つ研究を行っています。
  • 子育て期のひとり親家族を対象とした研究
概要  離婚の増加に伴い、ひとり親家族は現在、そして将来、増加しますが、看護学においては研究が進んでおらず、ひとり親家族の理解が不十分で、看護師がどのように支援してよいか分からず困難感を感じています。
 また、臨地の場面で、こどもの入院に伴う付き添いや面会によって就業が困難となり経済機能が破綻した家族、退院後の健康管理が不十分で入退院を繰り返す家族に遭遇し、こどもだけではなく家族を含めた支援の必要性を痛感し、家族支援策を構築することを目的に研究に取り組んでいます。

主要な著書・論文

  • 平谷優子,億田真衣,杉中茉里,法橋尚宏:子どもの入院による子育て期家族の家族機能の変動:病児の家族への半構造化面接にもとづく質的分析,家族看護学研究,22(2):97-107,2017
  • 平谷優子,本田順子,法橋尚宏:島嶼部で暮らす子育て期家族の家族支援ニーズ:家族環境評価尺度(SFE-J)を用いた都市部との比較,家族看護学研究,22(1):15−25,2016
  • Yuko Hiratani, Naohiro Hohashi: A Comparison Study of Single-Parent Families Living on Remote, Rural Islands and in Urban Settings in Japan, The Journal of Nursing Research,24 (2): 145-152, 2016
  • 森口由佳子, 橘岡正樹, 佐藤薫, 三浦菜月, 岡本綾子, 押井泰子, 柳川敏美: 小児看護学・小児医療と病弱教育の取り組みと連携, 大阪市立大学看護学雑誌, 12, 43-50, 2016.
  • 平谷優子,法橋尚宏,石崎優子:PSC(Pediatric Symptom Checklist)日本語短縮版(J-PSC17)の開発とその有効性の検討,小児保健研究,73(6),776-782,2014.

スタッフ

教授 平谷 優子
講師 森口 由佳子
特任助教 伊瀬 薫

参考写真