• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • English
学内手続き

HOME > 研究領域 > 基礎看護学

基礎看護学
- Fundamental Nursing

基本情報

学域名 基礎看護学
Fundamental Nursing
代表者
教授
 
熊谷 たまき
- Tamaki Kumagai
連絡先 TEL:06-6645-3547
MAIL:kumagai.tamaki@nurs.osaka-cu.ac.jp
ホームページ 作成していません
概要  基礎看護学領域では学部教育において看護学の基礎となる科目を担当しています。基礎看護学の科目には7つの講義演習科目「基礎看護学概論」「看護人間論」「看護過程論」「基礎看護学演習1」「基礎看護学演習Ⅱ」「基礎看護学演習Ⅲ」「フィジカルアセスメント」と、「早期体験実習」「基礎看護学実習」の2つの臨地実習があり、これらの科目における学習を通して看護実践の基盤を構築することを目的としています。
 大学院前期博士課程では「基礎看護学特論」「基礎看護学援助論」「専門演習」「特別演習1」「特別演習Ⅱ」「看護管理学」を担当し、後期博士課程においては「生活看護支援システム特講」「後期専門演習」「後期特別演習1・Ⅱ・Ⅲ」を開講しています。大学院博士課程では研究の基礎力を養い、看護の発展に寄与する人材育成を目指しています。
 基礎看護学教育では、看護職者としての生命と人間の尊厳を尊ぶ豊かな人間性を涵養すること、また学問への探究心や物事を論理的に考える思考力、問題解決能力を育成することを大切にしています。

教育方針

学部教育

  • 基礎看護学の講義科目と演習科目では、基礎的な看護理論と看護の主要な概念の理解ならびに対象の理解と対人関係のあり方、基本的看護技術と対象者への適用方法の習得、さらに倫理的な判断をするために看護倫理を学びます。
  • 臨地実習では実際の医療場面で既習の知識と技術を活用し、看護の実践力を養います。
  • そして学習を通して自ら学ぶ力を涵養し、看護職者に求められる姿勢と態度を培います。

大学院教育

  • 基礎看護学では看護教育学と看護管理学の専門知識を深めるとともに、教育学、教育工学、教育心理学をはじめとする関連学問分野の理論や知見を学ぶことを通して、研究を進めるために必要な広い視座と探求力を培います。
  • また科学的問題解決のための研究方法を学び研究基礎力を習得し、これらの研究基礎力を活用し基礎看護学分野の発展に寄与する研究者、看護実践者を育成します。

研究指導

  • 前期博士課程では、研究課題の設定から調査の実施方法、解析、論文作成までの一連の研究プロセスを通して研究基礎力を習得すること、また研究者として必要な研究倫理の基礎知識を理解し、研究倫理を遵守し研究を遂行するよう指導します。
  • 後期博士課程においては、各自の研究課題の設定から課題解決のプロセスを通して、各自の専門性と実践力をさらに高め、教育者、研究者、実践者として基礎看護学の発展を牽引していける人材を育成することを教育の目的としています。

研究について

概要

  • 基礎看護学では、看護基礎教育課程における教育方法のあり方と教育評価、また教育内容の深化に寄与する研究を行い、基礎看護学教育に貢献したいと考えています。
  • 現在、基礎看護学領域で取り組んでいる主な研究テーマは、「自己学習力と教授方略」「医療組織倫理の構築」「医療者と患者家族関係」「看護職の労働職場環境」等です。

主な研究内容

  • 研究テーマ名:看護学生の自己学習力と教授方略に関する研究
概要  欧米における調査研究において看護学生の看護基礎教育課程におけるバーンアウト状態や自己効力感レベルが、就業後の早期離職やバーンアウトを予測することが明らかにされている。わが国においても看護師の高い早期離職率やバーンアウトの実態が報告されていることから、本研究では看護学生の自己調整学習と自己効力感、バーンアウトの関連を解析し、看護基礎教育課程における自己学習力を高める教授方略と学習支援のあり方を検討することを目的としている。
 研究では、はじめに看護学生におけるバーンアウトに関する概念分析を行い、次に測定尺度の開発ならびに実態調査を行い、研究課題を解明する。
  • 研究テーマ名:医療組織倫理(学)の構築に向けた基礎的研究
概要  この研究は、倫理(学)では「組織」というメゾ次元が見落とされてきたのでないかという視点に立ち、医療倫理システムを構築することを目的に、医療組織倫理を哲学的・実践的に検討するものである。
1 医療組織倫理(学)の構築に向けた基礎的研究における第一段階の調査研究。これまでの医療倫理で見落としてきた「組織という次元」を対象にした応用倫理としての医療組織倫理(学)の構築を目標にする中で、まずは、倫理支援制度の現状を調査する。
2 調査研究と並行して、組織の倫理性を哲学・倫理学的に考察する。また、経営学・社会学・人類学などの研究者との議論も行う。
3 (1と2の)実践的・理論的研究から医療組織倫理(学)の構築に向けた基礎研究としての医療組織の倫理支援システムを探求する。
  • 研究テーマ名:血液透析患者とその家族の生活の向上に関する調査研究
概要  血液透析における医療技術の進歩と透析導入に至る原因疾患の変化より、わが国の透析患者数は増加の一途をたどっている。また昨今の透析患者の高齢化と社会経済の動向に伴い、透析医療は多くの課題に直面していることが指摘されている。本研究では、当事者である透析患者、専門医の団体、専門の研究者が共同する当事者参加型リサーチによって、生命維持のために血液透析を継続しなければならない患者とその家族の生活実態とニーズを多角的な視点から捉え、医療福祉環境の向上と患者家族への支援のあり方を検討することを目的に研究を進めている。

主要な著書・論文

  • 熊谷たまき、村中陽子、服部恵子他(2012)「教師と学生との共同によるeラーニング教材作成の実践とその評価」医療看護研究、8(2)、p.16-21.
  • 服部俊子(2007)「ケアリングとプロフェッションとしての看護―看護倫理の構想に求めること―」先端倫理研究13、p.241-252.
  • 熊谷たまき(2006)「第3章透析者・家族の社会的活動・生活支障」、杉澤秀博編著、「透析者の医療とくらし」、日本評論社、東京、p.71-98.

スタッフ

教授 熊谷 たまき
准教授 森木 ゆう子
講師 三宮 有里
特任講師 重見 雅子
その他 長野 弥生(実習・演習サポート)
志摩 久美子、紙森 優子(非常勤講師)

参考写真