• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
学内手続き

HOME > 概要 > ご挨拶

ご挨拶

大学院看護学研究科長 松田光信  大阪市立大学における看護教育は、昭和24年に設立された大阪市立医科大学厚生学院に始まり、その後、少子高齢化、医療の高度化、医療および看護ニーズの複雑化等、保健医療を取り巻く環境および変化する現代社会に対応するため、平成10年に大阪市立大学看護短期大学部へ、平成16年には大阪市立大学医学部看護学科へと移行されました。さらに、平成20年には大学院看護学研究科修士課程、平成22年には博士課程が開設され、看護学における学部から大学院までの一貫教育が可能となりました。
 看護学は、多様な人間の健康的な生活を支える実践科学であり、科学・哲学・アートを知識基盤として、人間の複雑さの探究、経験的な看護実践への根拠の付与、あるいは新たな看護実践方法を創出する学問です。保健師・助産師・看護師は、このような学問を背景にもち、人々の生活の質向上に寄与する専門職であり、免許の取得をスタート地点として生涯にわたり学び続ける専門職です。
 本看護学研究科・医学部看護学科は、大阪市内唯一の公立看護学高等教育機関として、都市大阪の看護現場が抱える課題を見極める力、人間に深い関心を寄せ人々の生活の質向上に取り組む力、科学的根拠に基づく看護実践方法を創出する力、そして看護の本質を探究する力と共に、グローカルな視野を備えた看護の実践者および教育研究者の育成を目指して邁進します。

 
大学院看護学研究科長 松田 光信